インプラントの メンテナンス

インプラントは材質的に100%虫歯になる心配はありません。
そういった点では天然の歯より安心できるかもしれません。しかし、残念なことに途中で使えなくなってしまうケースがあります。

最も多い原因は、歯周病です。歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。
ですから、たとえインプラントといえど、手入れの仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もあるわけです。


せっかく手に入れた新しい歯。その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられる部分が大きいのです。

ご自宅の歯磨きではすみずみまできちんと磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、歯垢が溜まってしまうものです。そんな磨き残しを取り除くため、当院に定期的に来院していただき、プロフェッショナルケアを受けていただきます。

さらに、これに加えインプラントや歯肉の状態、噛み合わせなどのチェックなども定期的に検診します。それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。

POINT 1 ご自宅での歯磨き

インプラント治療後において、最も重要なメインテナンスが歯磨きです。食事の後すぐに磨くことを心がけましょう。
その際も、歯科医院で指導された正しい方法で磨くことが大切です。また、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってのプラークコントロールも効果的です。

POINT 2 PMTC

ご自宅の歯磨きではすみずみまできちんと磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、歯垢が溜まってしまうものです。
そんな磨き残しを取り除く歯のクリーニングがPMTCです。

PMTCは正確には「Professional Mechanical Tooth Cleaning」を略したもので、専用の機材を使用したプロによるクリーニングのことです。当院では様々な機材とフッ素入りペーストを使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である歯垢を取り除いていきます。

POINT 3 定期検診

インプラントは人工物なので神経がありません。そのため、感染が起こっても自覚症状がありません。人工歯がグラグラ動いたり、膿が出たりしてはじめて気が付くのですが、こうなってからでは手遅れです。治療終了後は必ず定期検診を受診しましょう。

検診ではインプラントや歯肉の状態、噛み合わせなどのチェックを行います。当院では「担当衛生士制」を採用して、治療完了後、一週間→1ヶ月→3ヶ月→半年の間隔でメインテナンスを実施しています。

あなたのインプラントの状態、顎の骨や歯肉の状態、口腔内全体など、しっかりと管理し把握した情報をもとに適切な診察を行います。