治療 コンセプト

歯科疾病に関係する悩みを解決し、生活の向上を追求し、すべての患者様の幸福を求めていきます。1980年よりインプラントを使用して、欠損補綴を行うようになりましたが、インプラントの治療法はその高い成功率を獲得でき、長い使用が可能になりましたが、そのためには、患者様の最も適した診断結果とその施術が必要です。

私たちは、健全歯を削る機会よりも、すでに何らかの治療されている修復歯の2次、3次治療が治療ケースの大半です。そしてそれは天然歯の治療だけでなく、インプラント治療においても同様です。
インプラント治療は国際的に40年、日本国内でも25年以上の歴史があり、過去に国内で600万本以上のインプラントがすでに埋入されております。そのうち半分以上が10年以上経過していることを想像すれば、今後は初めてインプラントを入れることよりも、すでに入っているインプラントをリカバリーする機会の方が多くなるのは必然です。

当院は、メジャーインプラントメーカーを含めた10社以上のインプラントシステムをとり揃えており、あらゆるリカバリーケースにスマートに、そして確実に対応できるように常に準備をしております。

そこで私たちは、さらなる向上のため、東京歯科大学にて臨床教授にもなり、毎年行われるヨーロッパインプラント学会、二年に一回行われるIDS(ドイツ)等積極的に活動しております。患者様の要望に添って、最高の治療をめざし、治療にあたりたいと思います。

患者様に、快適で迅速にクオリティーの高い治療結果を受けていただき、高い満足を得ていただけるように、最大限の努力をいたします。インプラント治療がむずかしいと言われ治療を断念された方も一度ご相談にいらして下さい。

院長 ごあいさつ

患者様の希望をよく聞き最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療を取り入れることにより、患者様の考える治療の希望を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。

すべての患者様の希望に沿った治療がおこなえるように、研鑽しいろいろな治療法のなかから、患者様の希望する最適の治療を選択できるように、いろいろなインプラントの準備をし、最適のマテリアルを最適の方法で患者様に施術し、患者様が満足していただけるように、最大限の努力と研鑽を続けてまいります。

世界で最新のマテリアルと最新の治療法を適切に取り入れることにより、できるだけ患者様の希望を叶えていただき、患者様の最大限幸福を追求していきます。その為に患者様の希望は、十分にお話していただければ幸いです。また治療にさいしての希望についても十分にお話していただければ幸いです。

院長 紹介

履 歴
昭和46年3月千葉県県立木更津高等学校 卒業
昭和47年4月東京歯科大学 入学
昭和53年3月東京歯科大学 卒業
昭和53年4月東京歯科大学補綴第2講座特別研究生として入学
昭和53年5月第63回歯科医師国家試験合格昭和
昭和53年7月歯科医籍登録第75176号
昭和54年4月東京歯科大学大学院(補綴学専攻) 入学
昭和58年10月東京歯科大学大学院(補綴学専攻) 修了
昭和58年10月博士(補綴学)学位受領 (東京歯科大学)
昭和58年11月東京歯科大学補綴学第2講座助手
昭和61年4月東京歯科大学補綴学第2講座非常勤講師
昭和61年4月袖ヶ浦歯科医院開設
平成元年5月ベルン大学口腔外科(Buser教授)にてインプラント研修
平成3年12月 アイ・ティーデンタルクリニック開設
平成5年ITIメンバー平成13年4月 東京歯科大学水道橋病院インプラント外来非常勤講師
平成15年5月フランクフルト大学口腔外科(Nentwig教授)にてインプラント 研修
平成17年8月東京歯科大学千葉病院口腔インプラント科臨床教授現在に至る
資 格
日本補綴歯科学会指導医、認定医
日本口腔インプラント学会指導医、認定医
ITIフェロー
東京歯科大学口腔インプラント科臨床教授