トラブルに 迅速に対応します

ご自身の歯のように違和感なく噛めるインプラントですが、まれに脱落したり、人工歯が破折したりすることがあります。

原因やタイミングによって処置方法は異なりますが、適切に対応すればほとんどの場合はリカバリーできます。
ダメージの広がりを防ぐ早期治療のために、トラブルがありましたらすぐにご相談ください。

人工歯の脱落・破折の 原因

噛む力が強すぎる。歯ぎしり、食いしばりの癖がある

自分の歯と同じように自然に噛めることが最大の魅力であるインプラントですが、本来の歯との違いは歯根膜がないことです。歯根膜とは歯根を被う薄い膜のことで、歯を傷つけないようにクッションの働きをします。ですから、少々強く噛んでもその力は歯根膜で緩和されて歯には負担がかかりません。

しかし、インプラントには歯根膜がありませんから、噛んだ力のすべてが人工歯に伝わります。強く噛むことや歯ぎしり、食いしばりがあるとその力はかなりの負担になり、それが原因で脱落することがあるのです。

人工歯の破折

セラミックやハイブリッドセラミックといった素材でできている人工歯は、衝撃によってまれに欠けることがあります。人工歯が欠ける原因も、インプラントに歯根膜がないため。咬む力が強すぎると過度な力が直接人工歯にかかり、欠ける原因となるのです。

また、インプラントの埋入の位置が不適切であることが原因で、人工歯に過度な力が加わることにより、いくら人工歯を新しいものに変えても欠けてしまう場合があります。その場合、状況によってはインプラントの撤去・再埋入をしなければならない事もあります。

人工歯は、欠けた部分が小さければ研磨するだけで整えることが可能です。やや大きく欠けてしまった場合であっても、セラミックを足して形を整えます。さらに大きく欠けてしまった場合には、新しい人工歯との交換になる場合があります。

なお、噛み合わせが強い、歯ぎしりや食いしばりがあると自覚がありましたら、マウスピースを使って予防できますので、まずはにご相談ください。

あらゆるトラブルや違和感はまず、原因究明を正確に分析することが重要です。力学的な検査、口腔内の咬合状態、インプラント埋入位置、対合する歯牙、マテリアルを考慮した診査が必要です。

様々なリスクファクターの排除が成功へのカギであるとともに、患者さん単位での分析、評価が必要であると認識しています。